慰謝料に関する悩み

配偶者の浮気が離婚の原因となった場合、浮気によって傷つけられてしまったということに対し、浮気をされた配偶者は慰謝料を請求することができます。この慰謝料は、浮気をした自身の配偶者だけでなく、その浮気相手に対しても請求することができます。

しかし、このような慰謝料請求権は、離婚成立日から3年という期間で時効消滅にかかるとされています。不貞行為による慰謝料請求権は、不法行為に基づく損害賠償請求権になり、短期消滅時効が設定されているのです。もしも、細かいことを後回しにし、まずは離婚成立をと考える人もいますが、一度離婚が成立してしまうと、現実問題として、相手方は慰謝料額を決める話し合いにはなかなか応じなくなっていくという場合も多くありますので注意が必要です。 そのまま話し合いを先延ばしされているといううちに離婚から3年が経過し、慰謝料請求権を失うケースが多くあります。そうした事態を避けるためにも、離婚成立よりも前に慰謝料に関する話し合いをまとめておくことは重要です。 そのため、慰謝料に関する悩みがある場合には、弁護士などに早めに相談しておくと安心です。どのようなプロセスで離婚を成立させていくことがタイミング的にもいいかといったことも相談することができます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket